韓国ソウルを楽しむポイント

tragrpxによるPixabayからの画像

韓国ソウルを楽しむ行程ポイント

スポンサーリンク
【自宅でできる人間ドック】

いろいろ問題のある日韓関係だが、やはり手っ取り早く行ける海外旅行と言えば韓国に限る。
ちょっとそこまで感覚で行ける手軽さは、東京大阪間の移動とさほど変わらず、旅行会社から多くのフリーツアーが格安で販売されている。
そこでよくある「ソウル3日間フリープラン」で気を付けるべきポイントやコースマネジメント(コース攻略)を紹介したい。

目次

1. 往路は午前便の飛行機が有利

2. ホテルの立地は最優先

3. 観光目的の優先順位を決めておく

4. ソウルでの移動手段

5. ソウル3日間フリープランの夜は2回ある

6. ソウル3日間フリープラン3日目の楽しみ方

7. 注意点

1. 往路は午前便の飛行機が有利

2泊3日と言っても飛行機の時間によっては現地に夜着で3日目は午前出発のツアープランもよく見かけるが、出来れば往路だけでもソウル着が早い時間のものを選ぶのがいいだろう。
仁川空港到着時は韓国通貨への両替やWi-Fiレンタル、コンビニでTマネーカードの購入やチャージなど、しなくてはならないことも多く空港出発までに時間が掛かり、ましてやソウル市内までの移動も一番早いA’REXという直通列車で50分、バスやタクシーなら1時間以上は必要になる。
そう考えると関空が午前出発のツアーであってもホテルにチェックインする時間は午後3時以降になることも多い。
しかし午後3時頃までにチェックインできればそれから夕食までショッピングに出かけたり観光もすることができる。
例えば明洞でショッピングの後、夕食をしてソウルタワーで夜景を楽しむことも可能だ。
ソウルタワーから降りて屋台で一杯お酒を飲んでホテルへ帰るコースなど、一日目を最大限有効に楽しむことができる。

二泊三日のツアーでは「初日を攻める、中日は安定、最終日は余裕」が鉄則だ。
初日は体力もありモチベーションも最高潮で現地では午後からの半日を過ごすことになるので攻めやすい。
初日の目的は観光とグルメで、特に昼と夜を意識した観光とグルメを攻めるといい。
少しくらい昼食が遅くなっても初日はソウルに到着するまで我慢して、ソウルグルメを楽しむ感じだ。

2. ホテルの立地は最優先

ソウルの格安フリープランではホテルの指定なし(選択不可)と表示してあるものも多いが、多少高くてもここだけは妥協せずに明洞エリアやソウルの中心地にあるホテルが指定してあるものを選ばないと観光やショッピングの効率が悪くなる。
移動時間を最小限にしてこそ効率よくソウルを廻ることができると言えるのだ。
特に初めてのソウルで特別行って見たいエリアがないのなら、ミョンドンエリアをお勧めする理由はショッピングや観光の効率が最も優れているからだ。
徒歩圏内で明洞(ミョンドン)やソウルタワー南大門市場などを午前中廻り、午後からソウル北部の仁寺洞(インサドン)や北村(プッチョン)に加え景福宮(キョンボックン)や世界文化遺産の宗廟(チョンミョのような歴史的観光名所も多く見学する時間を確保できる。

例えば中心地(ミョンドン)からタクシーで40分以上かかる場所にホテルが指定してあるツアーはたくさんあるが、ソウルは車が多く夕方には渋滞で更に長い時間がかかることは稀ではない。

※参考動画 韓国ソウルの土地勘編

#ソウル#ソウル観光#韓国ソウル#Soul 韓国ソウルの中心部で観光する場合の位置情報や待ち合わせポイントなどを動画にしました。 これからもソウル近郊のちょっとした情報の動画を作っていきます。

3. 観光目的の優先順位を決めておく

2泊3日のソウル旅行では正味2日目(中日)の行動で充実感に違いが出るのは言うまでもないが、行きたいところをピックアップしていても時間は無情にも早く過ぎ、一番行きたかったところが行けなかったといった結果にもなりかねない。
そこで目的別に優先順位を決めておけば、時間が押してきた場合にスルーするところを作り、観光コースを基に戻すことが可能になる。
例えば目的別優先順位がショッピング、食べ歩き、観光の順であった場合、ショッピングや食べ歩きを優先して観光をスルーする予定を立てておく。

・ソウル中心部コースの例(ショッピングと食べ歩き優先)
明洞で朝食(お粥料理)、明洞でショッピング(コスメなど)、ソウルタワー(スルー候補観光)、南大門市場(ショッピングと屋台で昼食)、キョンボックン(スルー候補観光)、仁寺洞(観光とショッピング)、チョンミョ(スルー候補観光)、イッソンドン(お洒落カフェで休憩)、地下鉄3号線で移動、江南エリアで夕食、高速ターミナル地下街(衣料品ショッピング)
本来ならイッソンドンの後、東大門市場でショッピングと行きたいところだが敢えて江南エリアにある高速バスターミナル地下街(ゴートゥーモール)を選択したのは、630店舗を誇る今話題のショッピングモールで地下鉄3号線を使えばソウル北エリアからの移動も早いからだ。
スルー候補地を下位目的の観光名所とし、ソウル3日間フリープランの中日(2日目)を効率のいいコースマネジメントに仕上げることができるが、当然時間が許すのであればスルーする必要はない。

4. ソウルでの移動手段

せっかくの旅行なので移動には時間を掛けたくない。
日本と同じように徒歩、タクシー、バス、地下鉄などで移動することになるが、日本語表記の少ないソウルではバスや地下鉄は少し敷居が高い。
しかし地下鉄を利用できればかなりの移動時間短縮に繋がるのでお勧めしたい。
特に夕方にかけて明洞エリアから江南エリアへ移動する場合、タクシーを使うと渋滞に巻き込まれ余分な時間を使うことになる。
タクシーは一般タクシーと模範タクシーの2種類を利用でき、どちらも時間で料金が追加になるので渋滞に巻き込まれれば余計分が悪い。

そこで私のような高齢の田舎者でも使えるソウルの地下鉄が色分けされた路線で駅での乗り換え順路も分かりやすく移動手段としては都合がいい。
コンビニでTマネーカード(ティモネカドゥ)を購入し、チャージ(チュンジョネジュセヨ)しておけば切符は必要ない。
ただ、韓国の地下鉄改札機の精度が良くないのか、もしくはカードの精度も良くないのかは分からないが、とにかくTマネーカードのエラーが多い。
そこでTマネーカード使用時に改札機での注意点は、前の人の表示が消えてからしっかり1秒間以上かざすことがポイントのようだ。


※参考記事

韓国語の勉強は読むのが簡単 成田から2時間30分、関空から1時間30分程度で行ける韓国の首都ソウル。 韓国語は文法も日本語に似ていて...

5. ソウル3日間フリープランの夜は2回ある

韓国は日本以上に料理の種類は豊富なので食事も計画的に予定しておくのが望ましい。
特に2回しかない夕食にはこだわりを持っておく方が楽しみも倍増すること間違いなしだ。
例えば朝はお粥料理で昼は屋台料理かスープ料理や麺料理、夜は焼肉料理や韓定食、海鮮料理などから予定しておけばいろんな料理を食べることができるが、行き当たりばったりでは二日とも焼肉になってしまうこともあり得る。
夕食の後もショッピングや観光(ソウルタワーなどの夜景)を楽しんで歩けばまたお腹も減り屋台なども合わせて楽しめる。
ソウル3日間フリーツアーの日程別で基本とも言えるのが、1日目が食で2日目は観光、3日目がショッピングとする計画だ。

6. ソウル3日間フリープラン3日目の楽しみ方

3日目はもちろん復路日となるため、飛行機の時間によって大きく予定できるプランが変わってくる。
よくある昼前後の飛行機なら女性の場合はインチョンのチャイナタウンやその隣にある松月洞童話村など観光してインチョン国際空港へ向かってもいいが、朝食後直ぐにインチョン国際空港へ行ってショッピングや食事を楽しみ早めに飛行機の搭乗手続きを済ませば免税店でのショッピングを楽しむのもいいだろう。

更にお勧めなのがソウル駅で飛行機の事前搭乗手続きを行うプランだ。
A’REXというインチョン空港までの直通列車を使うことが条件になるが、メリットは搭乗手続きを早い時間に済ますことができる点だ。

搭乗手続きを早く済ますと仁川国際空港で並ぶこともなく出国審査へ向かえるので、免税店のショッピング時間を多く取る事ができたり、A’REXにさえ乗り遅れに注意すれば南大門市場辺りで遊んでから空港に向かうこともできる。
旅行会社が扱う最近のフリープランは、空港ホテル間の移動もオプションが多いので、このような移動手段も個人旅行と同じように計画しておくことが望ましい。
空港ホテル間の移動をリムジンバスやタクシーと決めつけずに計画すると、旅行の幅も広がり時間を有効に使えるので試してほしい。

二泊三日ツアーの最終日は余裕優先で行動することだ。
体力的にも疲れているので時間に余裕がなければ疲労感が増すばかりだ。
一番やってはいけない行動が、ギリギリまでソウル中心部などで観光やショッピングをすることだ。
タクシーなら1時間少しで仁川空港まで行けると信じた行動には必ずと言っていいほど落とし穴が待っている。

とにかく最終日は完全余裕で空港まで行き、飛行機のチェックインを済ませてから免税店などのショッピングを楽しむのがベストだ。

7. 注意点

・ツアー商品によっては飛行機の時間がアバウトな設定になっている。
・今のところ関空の韓国通貨両替は手数料が高いので韓国に到着してから両替する。
・メリットしかないKIX-ITMカードはお得感が半端ない。(関空内駐車料金25%OFFや外貨両替レートの割引、国際線出発エリア免税店の5%OFFなどなどで会費無料)
・オプションになっている送迎プランは高くつく。(送迎途中にショッピングに立ち寄るオプションは安く感じるが高い買い物や不要な時間を考えると割高になる。)
・ホテル地区指定なし(*選択不可)は要注意(2泊3日のソウルツアーに於いてホテルの立地は最優先しなければコースマネジメントに大きく影響を及ぼす。)
・フリープランのツアーは事前の計画や準備で何倍も楽しさが変わる。

スポンサーリンク